現金化ではないほかの方法がお得?

HOME » 現金化の理由 » 現金化ではないほかの方法がお得?

現金化ではないほかの方法がお得?

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠に残高さえあれば、誰でも気軽に利用することが出来るサービスです。
年齢も問わず、過去の借り入れ履歴なども無関係で利用できます。
最も注目される「換金率」は条件が揃った場合にのみ90%以上、基本的には優良な現金化業者で80%程度であるといわれています。
クレジットカード現金化以外の、ほかの方法ではどれほどの換金率になるのでしょうか。

そもそもクレジットカード現金化業者とは、金融業ではありません。
そのため、金利という形ではなく「手数料」という名目で利益を得ています。
悪徳業者であれば、その手数料も高額になるのです。
手数料について、金額に定めはありません。
そのため、それぞれの現金化業者が自由に設定することが出来てしまうのです。

現金を作るための、ほかの方法といえば、消費者金融からの借り入れでしょう。
消費者金融は金融業であるため、様々な法律のもと金利が設定されています。
年利は最大で18%と定められているのです。
クレジットカード現金化業者を利用した場合、換金率90%であっても年利にすると60%以上です。
消費者金融とは比較にならないほど高額であるという事になります。
消費者金融から借り入れを行った場合は消費者金融へ金利を支払うため、クレジットカード現金化と比較をすると損をしているような感覚に陥るのです。
これがクレジットカード現金化の落とし穴であるともいえるのです。
ただし、しっかりと計算をすると実際にクレジットカード現金化業者へ支払っている金額は高額であることが分かります。

クレジットカード現金化業者を利用する際には、実際に手に入る金額を計算してみる必要があります。
クレジットカード現金化とは、最も還元率が低い借金です。
消費者金融から借り入れが出来ない場合や、早急に現金が必要な場合にのみ、クレジットカード現金化を行うことがおすすめです。
還元率は1%でも高い現金化業者を選び、急ぎでない場合にはほかの方法で現金を作ることも検討しましょう。