クレカ現金化はどんな人が利用しているの?

HOME » 現金化の理由 » クレカ現金化はどんな人が利用しているの?

クレカ現金化はどんな人が利用しているの?

急にまとまった現金が必要となってしまい、消費者金融などへ申し込みを行う時間も無い場合に利用されるクレカ現金化です。
しかし、実際に利用している人はどんな人なのでしょうか。

身内や友人、知人に不幸があった場合、香典は現金で渡さなければなりません。
そのため、出費が重なった給料日前などとなれば、現金を作らなければならないのです。
消費者金融や銀行でお金の借り入れができない人、クレジットカードにキャッシング枠がない人、キャッシング枠が上限に達している人、消費者金融の利用には抵抗がある人などが利用しています。
特に女性は消費者金融での借り入れに強い抵抗があるため、クレカの現金化を利用する人が多いといわれています。
基本的にクレカにはキャッシング枠がありますが、フリーター、学生などはキャッシング枠が0円というケースも珍しくはありません。
そのため、ショッピング枠の現金化以外には、現金を手に入れる方法が無いという人がクレカの現金化を利用しているのです。

しかし、キャッシング枠の上限があるのにも関わらずショッピング枠で現金化をする人もいます。
キャッシング枠は、消費者金融でお金を借りることと同様の扱いになるのです。
そのため、銀行のローン審査などでは不利になります。
また、クレカのアップグレードに関しても難しくなるのです。
クレカ現金化は、ショッピング枠を利用して買い物をしているだけです。
そのため、借入履歴などとして残ることはありません。
銀行でローンを組む予定がある場合で、どうしても現金が必要な場合は‘あえて’ショッピング枠の現金化をするという人もいるという事です。

サービス自体は有名であるものの、周りにクレカ現金化を利用している人は少ないはずです。
クレカのショッピング枠現金化以外に方法が無いという人もいれば、キャッシング枠を利用せずにあえてショッピング枠の現金化をするという人もいるのです。
この様に、クレカの現金化には非常に需要があることが分かりますね。