クレカ現金化がバレない方法とは?

HOME » 現金化の理由 » クレカ現金化がバレない方法とは?

クレカ現金化がバレない方法とは?

クレカのショッピング枠現金化がカード会社にバレてしまえば、カードの利用停止や退会処分といったペナルティを受けることになります。
最も良い方法は、クレカの現金化を行わないことですが、個々の事情によりクレカの現金化をせざるを得ない方も多いことでしょう。
その様な場合に、カード会社に対して最もバレにくい方法とは、どの様な方法なのでしょうか。

クレカの現金化を自分で行う方も多いはずです。
自分で行うことによって、悪質な現金化業者による詐欺事件や、トラブルに巻き込まれる可能性は低くなります。
しかし、クレカの現金化がバレない方法として最も有効な方法は、クレカの現金化業者を利用することなのです。
現金化業者もビジネスであるため、利用者がペナルティを受けてしまえばリピーターを失う事にもなります。
そのため、バレないように工夫を凝らして現金化を進めてくれるのです。

自分でクレカの現金化を行う場合、換金率を最重要視して商品を選ばなければなりません。
換金率の高い商品は、カード会社の監視に掛かる場合も多いのです。
しかし現金化業者が指定をする購入商品は、一見換金率は低いと感じるような商品です。
そのため、カード会社からのペナルティを受けにくい点が特徴です。

ただし、悪徳業者では換金率が高い商品を指定商品として購入させる場合もあります。
一般的に換金率が高い商品を購入するのであれば、リスクの面からは自分で現金化をする事と大差はありません。
さらに現金化業者に支払う手数料を加味すると、自分で現金化を行った方が換金率は上がる可能性も高いでしょう。

この様に、現金化業者を通すことがバレない方法としておすすめです。
しかしバレない方法と言えど、100%バレない保証はありません。
キャッシング枠が限度額に達している場合や、過去の購入商品などによってもバレない確率は変わります。
バレてしまわないかと不安な場合には、一度現金化業者に相談をしてみるという方法も有効でしょう。