クレカのキャッシング枠について

HOME » 現金化の理由 » クレカのキャッシング枠について

クレカのキャッシング枠について

クレカにはショッピング枠とキャッシング枠が存在します。
キャッシング枠は現金を借りることが出来るサービス、ショッピング枠はカードを利用した買い物に利用するものです。
キャッシング枠を付帯しているかいないかという点で、クレカ作成時の審査内容が異なります。
当然、キャッシング枠が付帯していないクレカの方が審査を通過しやすいでしょう。

クレカを現金化する際の注意点として、キャッシング枠付帯のクレカでキャッシング枠限度額まで利用している場合、
お金に困っているという状態が一目で分かるため、ショッピング枠で換金率の高い高額な買い物をすることでカード会社の監視に引っかかる可能性が非常に高くなります。
カード会社では、共通してクレカの現金化を禁止しています。
現金化を行うのではないかと思われるカード利用者については監視を強化し、カード利用停止などの措置を取るのです。

クレカの現金化を行う方にはクレカ使用に関するパターンがあります。
そのうちの1つが、キャッシング枠の利用なのです。
キャッシング枠も限度額まで借り入れをしている場合、ショッピング枠の利用については慎重になる必要があるでしょう。
ただし、最初はあくまでも「怪しい」と考えられてしまうだけであり、即座に退会処分などの措置が取られる訳ではありません。
キャッシング枠を利用していがらショッピング枠を利用して買い物をするというケースは多いため、買い物の種類によってはペナルティがない場合も多いのです。

換金率が高く、クレカの現金化に使用されることの多い新幹線チケットなどの金券の購入は避けましょう。
近年ではAmazonギフト券なども人気となっていますが、キャッシング枠の上限に達している方がこれら換金率の高い商品を購入してしまえば、カード会社から確認の電話がくるはずです。
クレジットカードの不正利用の可能性があるとして、本人が購入をした商品に間違いはないかといった内容の電話が来るのです。
実際にはクレカの現金化を疑う電話でもあるため、カード会社から連絡が入った際には疑われているという事を認識しておきましょう。